So-net無料ブログ作成
検索選択

「グレース&グリット」愛と魂の軌跡 [kabo'sコレクション♡]

皆さん、前回の記事では、暖かいたくさんのコメント、本当にありがとうございました♪皆さまのアドバイスやご意見から、ブログってやっぱり自分が書きたいコト、興味のあるコトを無理せずに書いて良い場所なんだなぁ~ってあらためて感じることができました。なので今後は、カテゴリーに「kabo’sコレクションを新たに加えて、ワタシが気にいった本や、音楽映画などについて、無理せずに書ける時にゆっくり書いてみようかなって思ってます。(もちろんシニャン氏やイケメン記事も含みます!爆)もしよかったら、どうぞお付き合いくださいね♪

実は、今まであんまりそういう記事を書かなかった理由は、ワタシの気に入った本や音楽って、ちょっと一般的じゃない気がしていたからなんです。なので、もしかしたら皆さんのお口に合わなかったり、知名度が低い作品が多くてコメントしにくい記事になるかもしれません。でも、もし良ければ「kaboってこんなコト考えてるんだな~」とか、「こんな本や映画が好きなんだな~」って、ちょこっと心の端っこに留めていただけたら、すごく嬉しいです。

というわけで、第1回目は、最近読み終わった本について・・・。

グレース&グリット―愛と魂の軌跡〈上〉

グレース&グリット―愛と魂の軌跡〈上〉

グレース&グリット―愛と魂の軌跡〈下〉

グレース&グリット―愛と魂の軌跡〈下〉

  • 作者: ケン ウィルバー
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 単行本

一昨夜、上下巻を徹夜で一気に読んでしまいました。著者は、現代哲学&心理学の第一人者と言われる、ケン・ウィルバー氏です。ワタシはこの作品の前に、トランスパーソナル心理学(個人を超えた心理学という意味)の代表的理論家としてこの方を知ったんですが、一言でいうと、東洋的な仏教哲学を含む宗教学と、西洋的な科学(心理学を含む)を統一させる新しい心理学的理論を展開する、現代アメリカの偉大な思想家という感じの方です。

今回読んだ彼の著作「グレース&グリッド」(慈愛と勇気)は、哲学や理論の本ではありませんでした。ケン・ウィルバー氏が初めて魂のパートナーと出会い、結婚した直後に彼女の乳がんが発見され、それから5年間の彼女の闘病生活と2人の霊的な成長を経て、最後に彼女が他界するまでの軌跡を綴った実話です。運命的な出会いから4ヵ月後には結婚、その後たったの10日で乳がんの宣告・・・。どうして出会ってしまったんだろう、どうして結婚してしまったんだろうと、普通の人ならば考えてしまうような過酷な現実。けれど、出会った時に2人共が同時に感じた「この世にただ1人の運命的なパートナー」という確信が、お互いのつらい現実をも成長の糧にしてしまう、強烈なパワーを与え続けてくれたんですね。

彼女は死に至る病を通じて、苦しみながらも精神的に大きく成長していきます。また、ウィルバー氏自身も、その彼女を愛し、見守り、背負い、最後に看取るコトで、理論だけではなく実体験として霊的な成長を遂げたのだと思います。もちろん、どんなに深い愛情で結ばれた相手でも、出会ってすぐから5年間にわたる闘病生活の中では、お互いに傷つけあったり苦しんだりという場面は避けられなかったようでした。でも、それを乗り越えて最後までお互いを愛し、尊重しあう2人の生き方に、深い感動とキレイ事ではない真実を感じました。

本の中で、結婚式の日にウィルパー氏は彼女にこう言います。

「今まで、どこにいたんだい?ずっとずっと君を探していたんだよ。とうとう見つけ出したよ。君を探し出すために、ぼくはドラゴンを倒してきたんだぜ。何が起ころうと、きっとまた、君を見つけてみせるからね。」

そして、彼女がこの世を旅立つ前に、2人の間でこういう会話が繰り返されるのです。

「わたしを見つけてくれる?約束してくれる?」
「約束するよ」
「どんな時も、絶対に?」
「どんな時も、絶対に」
「それならわたし、行くわ。すごいわ。とっても幸せなの。この人生は思っていたより、ずっとつらかった。今まで、とてもつらかった。ねえあなた、本当につらかったの」
「わかってるよ、トレヤ。わかっているとも」
「でも、もう行ってもいいのね。とても幸福よ。あなたを愛しているわ。とても幸福」

この本は当時の彼女の日記と、それに呼応してウィルバー氏が文章を書き加えていく形式で、一方的ではない2人の感情や思いが溢れていました。生きるとはどういう事なのか、死ぬとはどういう事なのか、信じるとは、委ねるとは、そして、愛し合うとはどういう事なのかを、否応無しに考えさせられる内容に深く感動し、泣きながら一気に読みました。(セカチュウじゃないですが!笑)

彼女(トレヤ)は40歳という若さでこの世を去りましたが、最後には本当に幸福に旅立っていけたのではないかと思いました。2人が感じていたように、お互いにとって相手は唯一のソウルメイト(魂のパートナー)だったに違いありません。この次に生まれ変わっても、ウィルバー氏はトレヤを探してドラゴンを倒し、そして必ずまためぐり合う日が来るコトを信じたいです。(涙)

ワタシにも、ドラゴンを倒してまで探しに来てくれるヒトが、この世のどこかに存在してくれる・・・・といいんですけど、ね。(できればイケメンで・・・お願い神様爆)


げっこのドラゴンじゃないってば


nice!(11)  コメント(37) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 37

DaRyL

岡田さんや堀内さんかも、、ね。  運命の人。。
それはそれで衝撃的だけどイケメンでは..。

知らなかった本なので読んでみたくなったよ♪ 紹介してくれてありがとう♪
by DaRyL (2005-08-30 06:15) 

kimiko

やった~! kaboどの 嬉しいです~♪ 
kaboさんの勉強されてる心理学にも、とても興味を懐いていますので
愛読書やお好きな映画の紹介をして頂けるなんて、ワクワクしてきました♡
読書家でないワタシは本を読むペースがおそろしく遅いので、2日で上下巻を
一気読みする集中力にも脱帽してしまいました (@@;
「グレース&グリットー愛と魂の軌跡」 ご紹介文で、やはりDaRyLさん同様
ワタシも読んでみたくなりました‥・(ただ問題は上下2巻、、、3年はかかるかな~‥   (´_`:
by kimiko (2005-08-30 09:20) 

kimiko

追伸
「この世にただ1人の運命的なパートナー」って、ゼッタイにいると信じていますよね?結婚しても「たぶん間違っちゃたかな・・他にゼッタイいるはずだ~!」なんて吾身を省みずに、一生 運命的パートナーを探し続ける旅で終わる場合も多そうですね・・・(スミマセン、、解りにくくて(汗)‥)
kaboちゃんの“ただ1人の運命の人”・・・イケメンであるようお祈りしましょ。。(笑)
by kimiko (2005-08-30 09:44) 

死ぬ瞬間「幸せ」と思えることほど幸福なことはないような気がします。愛する人に出会えたこと、一緒に過ごせたことは何よりもかけがえのないものであったと思います^^残される人にとってその想い出はときに悲しいものかもしれません。けれど、その想い出は悲しい気持ちよりもっと大事な「幸福」を与えたのだと思います。
by (2005-08-30 11:38) 

あっちゃん

ども!私もこの本は知らなかったです。
壮絶な愛の軌跡ですね・・・
うちは結婚して10年、お陰様でお互い元気なんだけど、やっぱり突然相手がいなくなったら・・・って考えただけでもぞっとしちゃうけど
現実にそういう夫婦がいたワケで。
「死ぬ瞬間が幸せ」って一番すごい幸せですね。

普段自分が読まないような、違うジャンルの本etcの紹介ってなかなかステキです!
イケメンな「運命のカレ(「B型のカレ?!」)」との出逢いをお祈り申しあげそうろう〜〜〜
by あっちゃん (2005-08-30 14:15) 

hommi

kaboちゃんの抜粋の台詞ってば、キジュssiとテヨンの会話を思い出したわ。
まだまだ、抜けてませんね。ふふふ。
パートナー(この場合、夫婦でも恋人でも相棒でも)とのコミュニケーションって、世界で一番難しい学問分野のひとつだと思います。
って、こんなマジメなコメントは他のマジメな方に任せてボケよう!!
と思ったら、先に落合さんが鎮座しているじゃない!!
というわけで・・・想像してみてください。
横山剣(@クレイジーケンバンド)が昇り竜のスカジャンを背中に、この日記を朗読している姿。場所は新港埠頭。横には20年前の館ひろしと柴田恭兵の等身大ポスター。そして、BGMはもちろん和田アキ子もとい!同氏の歌う♪俺のハナシを聴け~♪
さぁ、準備はできましたか。案外、こういう感じの方が自由に素直に感じることができるかもしれませんよ。
by hommi (2005-08-30 21:24) 

蝶

はじめまして。今まで、読ませてもらうばかりでした。蝶です。
何回も何回も読み返すほどホントにお邪魔してました。
まだ上の記事読まず、ただただうれしくてのカキコミです。(もちろん今から読ませていただきます。)私も韓国ドラマじたい「パリ恋」で、パリ恋、シニャンssiにどっぷり浸かり、、、でも私も一歩進みましたよ。それでもシニャンssiの他の作品には、勇気がなくまだですが、その代わり自分の勘で「ごめん、愛してる」を観始めました。と言うか16話一気に、その間ずっと泣きっぱなし。夜中もずーっと。
kaboさんに登場人物の分析してもらいたいですけど、無理かも。それどころではないと思うし。(泣けて)
ぜんぜん記事と関係ないことでした。ごめんなさい。
これからも楽しみにしてます。でもたまには、ぼちぼちもイイですよ。
by 蝶 (2005-08-30 21:41) 

ブルースリーでもないんだね。
by (2005-08-30 21:41) 

ひよこ豆

最近、個人的時間の充実をすすめているひよっちなので、
いろいろなものの紹介はすごくうれしいよー♡
これから、秋にむかって、楽しみです。
ありがとー('◇')ゞ
by ひよこ豆 (2005-08-30 22:08) 

けい☆彡

ぢゃ・・・理想の男子は阪神ファンだね!(#^.^#)
by けい☆彡 (2005-08-30 22:36) 

kabo

男爵、こんばんは♪
>岡田さんや堀内さんかも、、ね。  運命の人。。
・・・・、それ、ヤダ!オジサンは想定の範囲外です!(爆)
やっぱ↑の写真は失敗だったか~。(笑)
ドラゴンと言って、野球も知らないのにこんなコトしか思い浮かばないなんて、
もう~、ワタシのバカ、バカっ♡(芸風変えてみました!笑)
by kabo (2005-08-30 23:23) 

kabo

kimikoさん、こんばんは♪
とりあえず読書感想文って、お子様な発想ですみません!(爆)
でも、本は好きなので、書きやすいかもって思いました。
この本は、予想以上に引き込まれましたね~。すごく辛い話なんですけど、
お2人がなんとか前向きに「生」に向かって努力して絆を深める姿がすごく
共感できました。病気がわかってから、執筆活動もやめて看病に専念して、
常にトレヤを支え続けたケン・ウィルバー氏は、男性としてもホントにスゴイ
方だな~って更に尊敬♡しかも、若い頃のお写真は、ちょっとカッコ良いん
です♪(笑)イケメンで中身も素晴らしい人っているんだなって、希望を持ちま
した!(●^o^●)
結婚してからも運命のヒトを待つ気持ちっていうのは、たとえば、家庭料理
を目の前にしながら、高級レストランのフルコースを妄想するみたいな感じ
なのかな~。(笑)でも、けっきょくは目の前の幸せが1番本物かもしれませ
んよね!どんな理由であれ、縁がなければ結婚しないでしょうし・・・・。
もし、パートナーが間違っていた場合は、先に離婚があって、それから出会
いがあれば、トラブルにならなくて良いかもですね。誰かを傷つけて成立する
運命は、やっぱりちょっとキツイですもんね~。(;・◇・)ゝ”
by kabo (2005-08-30 23:36) 

kabo

パンピちゃん、そうそう、そうなのよ!ワタシもそう思った!!!
もしも、トレヤがケンに出会わないでがん告知されていたら、本当につらくて苦しい状況を1人で乗り越えなければならなかった・・・そう考えるとゾッとする!
ウィルバー氏は、すごく大変だったろうし、その後1人になったのは辛かっただろうけれど、でも、彼も絶対、トレヤと出会えて、たくさんの学びや成長があって、すごく短いけど深い愛を経験して、自分の腕の中で旅立つ最愛のヒトを見守るコトができたから、きっと後悔していないと思うの。でも、幸せの絶頂がたった10日だったのは切ないね。新婚旅行の代わりに緊急オペだったなんて・・・・。(涙)
by kabo (2005-08-30 23:41) 

kabo

あっちゃんさん、
パートナーがすでにいらっしゃる方にとっては、すごく考えさせられる内容の本だと思いました。だって、いつかは必ず訪れる「別れ」なわけだから・・・・。
こういう本を読むと、もっとパートナーを大切にしなきゃって感じちゃうかも♪(笑)
幸せだと見えないことって、たくさんあるんですよね。きっと・・・・。
ワタシも・・・・、イケメンなのも大事ですが、こういう本当の意味で懐の深い、大きな男性に看取られて「幸せよ」って言いながら行きたいです!(理想)
>イケメンな「運命のカレ(「B型のカレ?!」)」との出逢いをお祈り申しあげそうろう〜〜〜
( ̄□ ̄;)!!な、なぜにB型!?(笑)
できればイケメン率の高いO型の男性を所望します!(爆)
by kabo (2005-08-30 23:48) 

kabo

hommiさん、こんばんは♪
ほ、ホントだ!!!気が付いてませんでした!( ̄□ ̄;)!!
↑の引用部分、マジで「パリ恋」のキジュとテヨンの空港のセリフそっくり
でしたね!すっごいびっくり~~~!!!
コレってたまたま?それとも、ワタシの好みなのか願望なのか・・・。(笑)
ヤダも~!自分をカウンセリングしなくちゃって感じですね♪(爆)
ところで、hommiさん、なぜにワタシが最近、「クレイジーケンバンド」に
ハマってるの知ってるんですか?(゚Д゚;)そっちの方が怖いですヨン様!
ヨン様といえば、来日してますね!日韓ぺ対決があったそうで・・・。(爆)
ちょっと見てみたかった!(笑)
by kabo (2005-08-30 23:54) 

kabo

蝶さん、はじめまして&ようこそお越しくださいました♪
いつもいらしていただいていたなんて、ホント嬉しいです。ありがとうございます!シニャン氏の他の作品を観る勇気が出ないお気持ち、ワタシもよくわかります!(笑)最近やっと観ましたが、すごい演技派なんだな~って、感動しました。次回作も楽しみにしていますが、キジュのキャラクターは本当にシニャン氏ならでは・・・・。当たり役でしたね~♪またああいうキャラも演じて欲しいです♪
「ごめん、愛してる」は、本当に評判が高いですね!廃人になるヒトが多いと聞きました。泣きっぱなしのドラマなんですね。興味は結構あります。機会があったらぜひ観てみたいドラマの1つです♪もし観たら、分析はわかりませんが記事にしてみたいです。(笑)
コメントいただきありがとうございました。今後もよろしくお願いします!<m(__)m>
by kabo (2005-08-31 00:00) 

kabo

tanaka-ma3さん、
はい、燃えてるヒトにはかないません!(爆)
by kabo (2005-08-31 00:01) 

kabo

ひよぴー、ばんわ♪
そうだね~、読書の秋に向けて、本の記事も良いかもだね。(笑)
ひよぴーは、いつもすごく充実してるよ~♪ワタシの手の届かない
世界を持ってて羨ましいもん!こちらこそ、いつもキレイな世界を
堪能させてくれて、ありまと~♪(笑)
by kabo (2005-08-31 00:04) 

kabo

けい☆彡さん、
え゛、阪神じゃないとダメなの?
いちお~、ソネブロガーとしては、古田さんをたててヤクルトではどうでしょう?
・・・・・、って、野球の話じゃないんだってば!(爆)
(あ、自分でネタ振りました!スマソ♪笑)
by kabo (2005-08-31 00:06) 

nojima

暖かいコメント代表ですが!!何か???自称イケメン8月は!!
by nojima (2005-08-31 04:03) 

kabo

nojimaさん、おひさ~♪
生暖かいコメントありがと!(爆)
9月はイケメンじゃなくなっちゃうの?なぜに???(笑)
by kabo (2005-08-31 07:25) 

MIE

「この世にただ1人の、運命的なパートナー」、私も今から出会えるかな?
結婚してから、こんなじゃずじゃ・・・って思う人は、多分たくさんいると思うけど、その相手が、「運命的なパートナー」なのか、否か?っていう見極めは難しいですよね。
二人が最後に交わした約束は、映画のセリフのようです。
シニャンssiの「手紙」じゃないけど、肉体は滅んでも、魂でこれからも愛し合う・・・。
私は、どうだろ?「来世では、あなたじゃない人がいい!絶対!」とか、言いそうです・・・。
by MIE (2005-08-31 11:43) 

朱美

kaboさん、どーもです!続けてくれてありがとうね。私もこの本読みたくなりました。
自分のことでちょっと変なんですが、私たちも以前にこんな会話交わしたことありました。40過ぎて出合って2ヶ月でプロポーズされて、半年後に結婚、まるで出会い頭の交通事故のように。私は、持病があり、結婚はあきらめていたので結婚したなんて未だに驚いています。だから、「今度健康に生まれ変わるから、若いうちに私を探して子供を二人で育てようね、だから絶対私を探し出してね」と、ダンナに言ったことを思い出しました。病気のことも全部含めて私を受入れてくれたとても優しい運命の人みたいです。だからかもしれないですが、kaboさんのブログとても自分を見つめさせてくれるからついついお邪魔してしまうのかもしれません。
ちなみに、うちのダンナを表現するとくまのプーさんで、両手には大福とモンブランのケーキってところですか!!
kaboさんの運命の人は、うちとは違う「ハンサムな彼を」とちと先ですが、初詣にはお願いしましょうか?鬼に笑われそうです。年がバレますね。
by 朱美 (2005-08-31 12:08) 

nade-nade

祝、復~活~!
ぱっと本を見た感じは、絶対に読まないだろうと思う本だぁわ。というよりも、最近活字を見ると頭が痛くなる。(笑)
でも、紹介の内容を見て、読んで見たくなるから不思議だね。
kaboちゃんにも、金城武張りの運命の人早く現れると良いね。
「kabo’sコレクション」、これからも楽しみにしてるよ。
by nade-nade (2005-08-31 15:08) 

なっつ

あはははw
落合監督ってwww  ドラゴンズを倒すのは。。。岡田監督??w

大笑いしちゃいましたw
by なっつ (2005-08-31 23:09) 

nyan

いいカテゴリー増えたね^^
そうそうイケメン記事も忘れてはいけないのだ。

落合ウケルー。俺流ね。
by nyan (2005-08-31 23:58) 

kabo

MIEさん、おはようございます♪
>「この世にただ1人の、運命的なパートナー」、私も今から出会えるかな?
ありり?MIEさんはもう出会っていらっしゃるのでは?(笑)
でも、前に「運命的な出会い」の記事でも書いたと思うんですけど、
たとえばこの本のケンとトレヤとか、キジュとテヨンのように、相手が自分の
唯一のパートナーだって確信するコトって、なかなか難しいと思うんですよ。
ケンとトレヤは出会った瞬間に直感的にそのコトを確信するんですけど・・・・。
ワタシは運命的な相手って、結婚相手に限らないと思ってるんです。
例えば、ワタシの場合は今のところですが、記事に書いたようにある友人が
ワタシの精神的な成長のための決定的なポジションにいてくれていました。
だからと言って、その人がワタシの結婚相手になりうるかと言えば、それは
病気の事を除いても違うと思うんですよね。言葉では説明しにくいんですけど。
だから、そういう意味において、MIEさんもこれから誰かに出会うコトは十分
あるんじゃないでしょうか。シニャン氏だって、もしかしたらその1人なのかも。
ワタシにとっては、シニャン氏も金城様も、色んなコトを教えてくれた運命的な
存在だと思います。(笑)たとえ相手はワタシの存在を知らなくても、ワタシが
彼らから得たインスピレーションで成長できれば、それは十分に1つの関係性
だと言えると思うんですよね♪
なぁんて、生意気なコト言ってますが・・・・、正直言うと、彼氏欲しいです!(爆)
>「来世では、あなたじゃない人がいい!絶対!」とか、言いそうです
げ!( ̄□ ̄;)!!そ、それは・・・・・。神のみぞ知る?(爆)
by kabo (2005-09-01 06:14) 

kabo

朱美さん、おはようございます♪
朱美さんは運命的なパートナーと出会われて結婚されていたんですね~!
すっごく素敵なお話、ありがとうございます。なんて素敵なダンナ様!!この記事を書いて良かったなって思いました。朱美さんの人生には苦しいコトも辛いコトもたくさんおありになったんでしょうね。でも、全てを受け入れてくれる素敵なダンナ様と結婚されて、そして朱美さんの言葉もすごく優しくて素敵で・・・・、ワタシの理想の夫婦像です♡いつか、ワタシもそんなパートナーと出会って、いたわりあいながら一緒に生きていきたいなって思います。目下のところ、それが夢ですね~♪もちろん、この先、社会の役に立つ仕事が出来る人になりたいとか、人を助けられる存在になりたいとかって夢はありますが、誰かに自分を丸ごと受け入れてもらいたいという欲求もやっぱり強いです。(笑)
>kaboさんの運命の人は、うちとは違う「ハンサムな彼を」とちと先ですが、初詣にはお願いしましょうか?
うぎゃ~、嬉しい!!!朱美さんってなんて優しい良い人なんでしょう♡
出来れば、「金城様みたいな・・・」と付け加えていただけると、もっと幸せです!(理想高すぎですね!爆)
by kabo (2005-09-01 06:30) 

kabo

おやびん~~~!!!
おやびんのブログで、すっごい優しいコメントいただいて、やっぱり続けようかな~って気持ちになりました。ホントにありがとうございました。<m(__)m>
実はワタシって、すっごくトロいんですよ~。(汗)だから記事もゆっくりペースでしかUPできないと思うんですけど、おやびんや皆さんとお話できるのはとっても嬉しいし大事なことだと思うので、なんとかやってみようと思ってます。(笑)
>kaboちゃんにも、金城武張りの運命の人早く現れると良いね。
はぁ~、ホントに皆さん優しいですね~♪なんて素敵なコメント♡♡♡(涙)
金城様が好きだってカムアウトして良かった♪おやびんにも応援していただいて、なんかホントにそういう彼氏が出来るような気がして来ましたヨン様!(爆)
by kabo (2005-09-01 06:38) 

kabo

セレナさん、おっは♪
やっぱそこに食いついた?(爆)
でも、岡田監督はイヤなの。(・ω・`lll) オヤジはタイプじゃないから。(笑)
ドラゴンの写真、やっぱ失敗したか!?
野球の話は想定の範囲外でした。(爆)
by kabo (2005-09-01 06:40) 

kabo

nyan、おっは♪
>そうそうイケメン記事も忘れてはいけないのだ。
( ̄□ ̄;)!!そ、そうか!カテに「イケメン・バンザイ♪」っていうの作らなきゃだね!(笑)
やっぱ野球好きのnyanも落合に反応!?
でもワタシはやっぱ、「俺流」より「韓流」の方が良いな!(爆)
by kabo (2005-09-01 06:44) 

kirakiraキスケ

こんばんは!この頃はすっかり、ドンウォン君にクラクラきている私です。
「運命の人」・・いい響きですよね。kaboちゃんはこれからよ!「目指せ!金城様」だね。なんか、いいなぁ~、夢と希望があるよね。エッ!私ですか?私の目指すのは、「明るい老後、元気な老後」ですかね。(笑)なんか、すごい差を感じますよ。それに読んでいる本もいいわよねぇ。「恋するカウンセラーのkaboちゃん」にピッタリだわ。ちなみに今私が読んでいる本は「怒りの方法」辛淑玉さんが、書いた本ですがね。kaboちゃんとはだいぶ、かけ離れていますよね。(でもいい本ですよ。)
kaboちゃんを見習って、もっとピュアにならないとね、すっかり、濁ってしまった私です。「あぁ~嫌だイヤダ、大人になんてなりたくない!」と叫んでいる私は誰が見ても立派中年のおばさんです!(涙)でも気持ちは乙女?ですがね!
by kirakiraキスケ (2005-09-02 00:04) 

d+

ばんわ☆
おお~!ブログを止めないでくれたのね(;;)とっても嬉しいデス♪
kaboさんが何を考えているのか?とか、今好きなモノは何か?とか、そういったコトを記事にして、UPすればOK♪だとワタシも思ってます。
ブログって初めは「何となく」な感じで書いてたのに、どんどん日記とはいえないモノになってしまい、今のワタシはあんな有り様です(笑)
でもスッゴク楽しい♪自分の興味のある話題について、興味のない友達に話すよりも、自己満足でもいいからブログで話した方が友人関係にもヒビが入らず、そしてブログで新たな趣味友と出会える機会を得られるから(^^)

前置きが長くなっちゃってスマソ(^^;では、本題です☆
この本の存在は初めて知りました。kaboさんのレビューを読んでいるうちに、とても惹き込まれました。奥様は短い間でしたけど、「運命の人」に出逢えたから幸せだったんですね。そして旦那様も。
一生のうちに人は沢山の人と出会うけれど・・・運命の人に出会えるのって、奇跡に近いコトだとワタシは思ってます。
その奇跡に巡り遭えたコトで、人は十分シアワセと言えるのではないでしょうか??

でも奥様の最期の言葉「幸福」・・・これは看取る方からすれば(亡くなってしまうのにおかしな話ですが)嬉しい言葉ではないでしょうか。
愛する人を亡くした後も、シアワセに生きていけるパワーをこのヒトコトに感じてしまいます。

死ぬときまで幸福と感じ合えるヒトとワタシも出会いたいな~(^^)☆
by d+ (2005-09-03 00:07) 

朱美

kaboさん、了解しました。特に、金城様劇似のとびきりのイケメンをと!!!
後、忘れてはいけない現在の運命の人は勿論パク・シニャンです。インターネット巡りを始め、kaboさんとの出会いをさせてくれて、私に元気を与えてくれました。「パリ恋・私の心を奪って・四人の食卓」は鑑賞済みで、次はなぜか「プアゾン」到着待ち、でも、ハン・ギジュからは抜け出せそうにないようです。他のものは、これからゲットの予定!だだし、自称イケメンのうちのくまのプーさんは、パク・シニャン中毒の私をあきれ顔で見ています。今は。大きないびきと共に爆睡中です。
おまけ、私が19才で夢中になった人は、映画「追憶」でのロバート・レッドフォ-ド、白い軍服姿に、世の中にこんなきれいな人がいるなんて!映画を何度見たか分かりません。今は、ただのシワシワのきたないじいさんと変化してしまいました。でも。、パク・シニャンなら、カレ程の美形ではないので、がっかりすることはないのだからと思っています。
あとは希望ですが、kaboさんの専門のカウンセリング関係のことも続けて話題としてくださいね、楽しみに待っています。
いびきで起こされたプーさん夫人より
by 朱美 (2005-09-03 02:13) 

kabo

kirakiraキスケさん、おはようございます♪
レス遅くなりました。
運命の人って、すっごく憧れがありますよね~。誰にでもいるけど、誰でも感動的な出会いを経験できるわけじゃない・・・。きっと、平凡な出会いが運命的な相手だったりってコトも多いんじゃないかと思うんです。だから、ケンとトレヤのように一目で相手がそういう存在だと気づけるなんて、すごく羨ましいです。ワタシも、その相手が金城様そっくりだったらすぐに気づけると思うんですが、万が一ちょっと崩れてて「ふかわりょう」みたいな感じだったら・・・・、多分気が付かないんじゃないかと思うと不安です!(爆)キスケさんは、お話を伺っていると、素敵なお子様にも恵まれて、きっと運命的に結ばれた家族と過ごしていらっしゃるんだろうなって思います。キスケさんのように、素敵に年を重ねて、ワタシも、「明るい老後、元気な老後」を目指します!(笑)
by kabo (2005-09-10 09:46) 

kabo

オレンジさん、おっは♪
オレンジさんは、ホントに楽しそうにブログ記事書いてるよね~。それがブログのあるべき姿っていうか、楽しみ方なんだってあらためて感じてます。だからね、ワタシも美味しい画像てんこ盛りで、自分が嬉しい記事を書いていけたらなって思ってます。(爆)
↑の本は、5年の闘病生活の凄まじさや、病気の怖さ、苦しみなんかもきちんと描かれていて、すごく辛い内容でもあるんだけど、最後のトレヤの「幸福だった」の言葉には、読者すらホットさせてくれる力があって、悲劇ではない「ラブストーリー」だったと感じました。ワタシも、コレから先・・・・いつ死ぬかわからないけど、死ぬ時にはケンのようなパートナーに看取ってもらえたら、本当に素晴らしい人生だったと思えるんじゃないかと感じてます。ホント羨ましいです。
by kabo (2005-09-10 09:55) 

kabo

朱美さん、おはようございます♪
きゃ~、嬉しい♡金城様『激似』ってトコが、涙もので嬉しいです~!(喜)
なんか、皆さんに応援していただけて、ホントにそういう出会いが訪れるような気がしてきちゃってます!(爆)頑張ります♪(なにを???笑)
それに、ホント朱美さんのおっしゃる通りで、シニャン氏も運命の人なんですよね~!彼がいてくれたからこそ、ブログで皆さんとお話できるようになったんですから・・・。シニャン氏って、なんか年を重ねるごとに素敵になっていらっしゃるような気がするんですよ。そういう男性って本当に素敵♡ワタシもシニャン氏はこれからもずっと追っかけていきたいです♪それから、心理系の話題も書きたいです。ドラマや映画に絡めてっていうスタイルになるかどうかはわかりませんが、興味深い話もたくさんありますので、ご紹介していけたらって思っています。リクエストありがとうございました♪
by kabo (2005-09-10 10:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。