So-net無料ブログ作成
検索選択

『パリの恋人』総括編 [パリの恋人]

さてさて、シニャン氏は次回作コンテナの男(仮)』、ジョンウン嬢は新ドラマ『ルル姫』へと遠く旅だって行かれた今日この頃、・・・・にもかかわらず、いつまでもパリの恋人』を牛のように反芻している場合じゃないですよね!(爆)でも、このドラマはやっぱりワタシにとって・・・、というか、ワタシのブログにとっては特別な存在だったんじゃないかと思うんです。

というのも、過去に観た色々なドラマ(日本の作品)、映画、それからシニャン氏が出演されていた他のドラマや映画などについて、登場人物の心理分析が同じように出来るのか?と言われると、実はほとんどの作品については『パリの恋人』レベルでの分析は多分不可能だからなんですね。日本のドラマや映画作品だと、全体の時間が短いので、やっぱりストーリー展開が中心になると思います。もちろん、優れた作品は登場人物の背景や心理描写もキチンと描いてあるとは思うんですが、情報量が少なすぎるため、たとえば1つのクセや言い回しなどだけでその人物の性格までを正確に分析する事ができないんですね。(あ、ココは別にダジャレじゃありませんヨン様爆)

また、登場人物が多い作品(しかも毎回メインキャラが変わるとか)、歴史的背景が複雑な作品戦争中とか他国の占領下みたいな)、ストーリー展開がすごく早い作品俗にいうジェットコースター系みたいな)、登場人物の心理変化が激しい作品(いつの間にかパートナーチェンジしていたりとか)、映像で独特の世界観を表現している作品(個人的には大好きなウォン・カーウァイ作品とか)・・・なども完全にムリとまでは言いませんが、すっごく難しいと思います。そんな中で、どうして『パリの恋人』は心理分析がしやすいドラマだったんでしょうか?今日はそこのところを分析して、ワタシの『パリの恋人』記事の総括とさせていただきたいと思いまんもす。(爆)

1)主要な登場人物があまり多くなかった。
基本的にストーリーに絡んできていたのは、主役のキジュとテヨン、スヒョク、ユナ、母親のギヘ、祖父、チェ理事、ユナの両親、テヨンの叔父と甥、キジュの前妻のスンギョン、秘書のスンジュン、テヨンの友人のヤンミ・・・といったところでしょうか。全20話でこのくらいの人数だとそんなに多いという感じがなくて、割とスッキリとしていました。

2)登場人物の心理的な変化があまりなかった。
もちろん、テヨンもキジュもストーリーが進むに従って、お互いへの感情によって変わっていきますが、ほとんどの人が最初から最後まで一貫した感情に従って行動していました。例えば、テヨンは最初からずっとキジュに気持ちが向かっていて、スヒョクとの間で感情の揺れを起こしたりはしていません。(もちろん、申し分けないというキモチはあったりするし、それでキジュと距離を置こうともしますけど・・・。)キジュも自分の気持ちに気付いてからは、テヨンに一直線に向かっていました。ドラマ後半に言動が大きく変化するスヒョクでさえも、その変化の元の感情(テヨンとキジュに対する愛情と、その裏返しの憎しみ)自体は一貫していました。ストーリー全体を見渡してみても、どの人物も序盤からあまり自分のスタンスを変えていませんし、それぞれの信念に基づいた行動しかしていないんですね。中には本人は自分の本心に気がついていないといった場面もありましたが、あんまり複雑な心理変化がなかったので、結局はわかりやすかったと言えると思います。

3)登場人物の言動がほとんど一致していた。
普段の身の回りの人間関係でも言えることなんですが、言っている事とやっている事が違う人物が出てきてしまうと、すごくわかりにくくなってしまいます。例えば、「ワタシ、彼の事が好きかも~。」と言いながら、なぜか他のヒトと付き合ってたり・・・とか。(爆)そういう、言動が一致しない複雑なキャラクターがいなかったのも、心理分析がしやすかった理由だと思います。また、必要以上に自分の感情を押し殺してしまったり、ストーリーとは無関係に出て来て話を混乱に導いてしまうような脇役のキャラクターもいませんでした。ピルボ叔父やゴン君、前妻や秘書も、ストーリーを進めていく上で伏線となるような発言や役割りをそれぞれがキチンと担っていて、とても練りこまれた作品だったと感じました。

4)ストーリー展開に比べ20話の長さは十分な余裕があった。
撮影自体は超過密スケジュールで余裕がなかったらしいですが、話の流れについて行くには20話は十分な長さで余裕があり、それぞれの人物の感情を表現するような個別のシーンもたくさんあったような気がします。また、回想シーンも効果的な場面でのみ必要最小限で使われていて、そのシーンでの人物の心情を上手に表現していたんじゃないかと思いました。言葉で説明するよりも映像で見せられた方がわかりやすいコトもけっこうあるんですよね。

5)会話の中にヒントがたくさん含まれていた。
これは韓国作品だったからなのかもしれませんが、それぞれの人物がとてもストレートなセリフで感情を表現していたように感じました。テヨンとキジュはそれぞれの人物設定上も、とってもストレートな性格として描かれていたと思うんですが、登場人物の中では複雑な部類のスヒョクに関しても、独り言というスタイルでその時々の感情をきちんと言葉にする場面が多かったと思います。そう言う意味でちょっとわかりにくかったのは祖父の会長とユナの両親(セリフ自体がそんなに多くなかったのと、そういう感情に至る背景がわかりにくかったため。)でしたが、キャラクター的には一般的でわかりやすいタイプだったため、理解に苦しむコトもあまりありませんでした。

6)脚本家が二人で1作品を書き上げていた。
ワタシは、実はこれが1番この作品の完成度を高めた大きな理由だったのかもしれないと思っています。脚本家が二人で書いていたと言う事は、この作品のベースとなる台本を書いている側に常に客観的な視点が存在していたというコトになります。そのため、一人で書き上げた脚本よりも論理的な破綻が起こりにくく、観る側に分かりにくさを感じさせる独善的な展開になりにくかったんじゃないかと思いました。おまけにシニャン氏からも相当たくさんの注文や意見もされていたようですし・・・・(笑)。そんな経緯もあって、パリ恋の人物設定は練りに練り上げたものに仕上がったんじゃないでしょうか。

7)当然のことながら、出演されていた俳優さんの演技力が素晴らしかった。
ジョンウンさんは、シニャン氏と共演して初めて「演じる人物の背景から心理的な変化までを、徹底的にミーティングして意見交換をするコトを教わりました。」とインタビューでお話していらっしゃいました。また、スヒョクを演じたイ・ドンゴンさんは、テヨンへの恋心を失わないために、あえて撮影の合間のオフの状態でも、ジョンウンさんとは口をきかなかったそうです。シニャン氏を始め、他の出演者の方々も相当な努力をされていたんだなぁと思いました。また、演出家の方や監督さんも、本当に丁寧にこの作品を手がけていらっしゃったんじゃないかとインタビュー記事のコメントや撮影風景の映像から感じました。スタッフのチームワークもきっと良かったんでしょうね!

という感じで、それぞれのキャラクターの心理分析をするには、『パリ恋』は申し分のないドラマだったんじゃないかと思います。今後いつまたそういうドラマや映画に出会えるのか・・・・楽しみですけど、なかなか難しいかもしれませんね。分析対象を主人公と相手役だけに限定したとしても、映画だとシリーズもので3作品は欲しい感じだし、ドラマの場合もストーリーにもよりますが20話は欲しいので、日本の1クール制(3ヶ月で11話前後)ではちょっとキツイかな~って思います。まぁ、分析出来たからどうってコトはないんですが(心理分析が出来ない作品でも十分に感動しますし)、やっぱり他作品で心理分析の記事を書くのは、今のところはちょっと難しいかなっ~て感じです。

思えばワタシがこのブログを始めたきっかけは、このドラマについて語りたい一心からだったんですよね~。自分の周囲に『パリ恋』視聴者はワタシが引きずり込んだA子(爆)以外にはいませんでしたし、諸先輩方のブログで皆さんが楽しそうにドラマについて語り合っていらっしゃったのが羨ましくて・・・・。でも、最初のご挨拶の記事にも書きましたが、ドラマ1つで一体どこまで引っ張れるのかなって自分でも思ってました。(笑)当初は「なぜシニャン氏にこんなに惹かれるのか?」という視聴者側の心理分析をするつもりでしたが、結局は登場人物の分析も楽しみながら記事にするコトが出来ちゃったって感じです。それもこれも、この『パリの恋人』の緻密な人物設定のおかげだったんですね~。っちゅうわけで、皆さんはこの結論にガッテンしていただけましたでしょうか・・・・・・ねっ!?

パリ恋は永久に不滅です 


nice!(10)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 10

コメント 36

sukisukikankoku

私が「パリの恋人」の台詞で一番好きなのは、キジュがスヒョクに言った、「全てを捨てなければならない中で、1つだけ選べるとしたら、俺はテヨンを選ぶ」と言った台詞です(←こんな感じでしたよね!?)
まさにシンデレラストーリー
元気が出るドラマです!
by sukisukikankoku (2005-08-15 23:35) 

nade-nade

親ビンの私もニジャン氏やジョンウン嬢とともに遠くに旅立って言ってしまってゴメンよ。
パリ恋は永遠に不滅。なかなかいい言葉だね。確かに確かに、いいドラマだったね。
今日から、KNTVで始まった「私の名前はキムサムスン」第1話からなかなか面白いよ。パリ恋みたいにハマリそうだぁ~~~よ^^^。
by nade-nade (2005-08-16 00:22) 

だったけ

ガッテンいたしました。
もう1回見直したいと思っているところです。
>SANWOOさん
私もあのギジュの台詞とシーンが一番好きです。
by だったけ (2005-08-16 00:29) 

ガッテン、ガッテン☆
そうだね、登場人物がストレートに表現されていたから視聴者が?となるのが少なくてより感情移入できた作品だと思います^^同じように、悲しんで楽しんで泣いたり嬉しかったり・・・ドラマでここまで感情移入したのははじめてかもね~尚且つ、誰一人として(確かにユナママ、会長は・・でもこれも子に対する愛と思えば:笑)嫌な役回りの人はいなかった。みんなが愛を求めてひたすら自分のできることをしていたような気がします。それが見ていて気持ちよかったですね^^kaboさま、記事お疲れ様でしたm(__)m
by (2005-08-16 00:39) 

kimiko

おはようございます
『パリの恋人』総括編、kaboさんの情熱を注ぎ込んだ【特別のドラマ】という想いが、すんご~く伝わってきました。ワタシがblogに注目しだしたきっかけも、この「パリ恋」でしたが、3ヶ月くらいキジュワールドに浸ったあと、最後まで一貫した感情に従って行動し続けられずに‥他の世界にも浸ってしまった浮気者でした f(^^;
この記事の中で、特に6と7は大変興味深く読ませて頂きました。
・二人の脚本家がいたことで、この作品の完成度がより高まった。
・演じる人物の背景から心理的変化までを、徹底的にミーティングして意見交換した
・イ・ドンゴンはスヒョクになりきっているため、撮影の合間もテヨン役キム・ジョンウンと口をきかないようにした。
など、視聴者の心を掴む作品を創りあげる為の取り組み方は、息を呑むほどで
演じる俳優さんはもとより脚本家、演出家、監督の息があってこそ、これだけ人に感動を与える作品が完成するのかな…と改めて ガッテン!させて貰いました♪kaboさんによって『パリの恋人』を10倍楽しむことができました♡♡
by kimiko (2005-08-16 08:37) 

hommi

ガッテン承知の介だい!って、こんなことば今頃誰が使っていることでしょう。
はてさて、kaboちゃんの分析によるとパリ恋のストーリー、登場人物がカウンセリングしやすかった・・とのコメントですが。
もちろん、kaboちゃんがいっているのですからそうなのでしょう。
が!kaboちゃん自身の情熱と愛と筆力の賜物、それなくしてこのブログの盛り上がりはなかったんじゃないの?
と、ヘビーリスナー?リーダー?hommiは思うのでした。
って、なんだか結婚式の締めの挨拶みたいになってきたぞ。
とにかく、ガッテン承知の介(しつこい!!)のhommiでした。
「パリ恋」ってほんとうにいいものですね。
それでは、みなさん、さよなら。さよなら。さよなら。
by hommi (2005-08-17 13:14) 

soruna

私にとっても「パリ恋」は特別なドラマです。。
1回見て終りじゃなくて、何回も何回も見たくなるんですよね。。
kaboさんの記事を読んだら、また「パリ恋」を最初から見たくなりました(^-^)
↑旦那も、もう1回見直したいって言ってるし、一緒に見るかな('-'*)フフ
by soruna (2005-08-17 23:42) 

d+

ばんわ☆
ってことで、オヤスミなさい(爆)
週末、ゆっくりコメントさせて頂きます(><)
許して下パイ!!
by d+ (2005-08-18 00:18) 

kabo

SANWOOさん、はじめまして&ようこそお越しくださいました♪
ワタシもそのセリフ大好きです!キジュの気持ちの強さが伝わってきますよね。ドラマを観ていて「男らしいぃ~!」って感動してしまいました。日本男児だと、そういう場面では・・・・言葉を濁したりしがちな気が・・・(どうなの?男子諸君!爆)本当に、パリ恋にはたくさんの元気をもらえた気がします。
SANWOOさんのブログにも、遊びに行かせていただきますね。(^_^)v
コメントありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。<m(__)m>
by kabo (2005-08-18 01:03) 

kabo

おやびん、こんばんわ♪
おやびんはキム・サムスンに旅だっていっちゃったんですね!(笑)
ワタシもそろそろ「ルル姫」に旅立ちたいんですが、旅立つ交通手段がありません。_| ̄|○(あ、視聴する方法がないんですよ~!泣)
なので・・・とりあえずもう1回「パリ恋」観ておこうかと・・・。(爆)
こんな子分は、いつおやびんのそばに行けるのでしょうか???(笑)
by kabo (2005-08-18 01:07) 

kabo

だったけさん、こんばんは♪
ガッテンいただきありがとうございました。<m(__)m>
やっぱりもう1回観ておきますか!(爆)じゃあワタシも・・・。(笑)
あのセリフ、だったけさんなら言えそうですよね!
選ぶ女性は・・・・当然・・・・良いなぁ~!(笑)
by kabo (2005-08-18 01:09) 

kabo

パンピちゃん、ダブル・ガッテンありまと~!(笑)
そうなんだよね。登場人物は、けっこう皆さん素直な方ばかりでした。(爆)
ワタシもこのドラマで何度泣いて笑ったことか・・・。(しんみり)
チミともこのドラマのおかげで知り合えました。(笑)パリ恋に感謝です♡
>記事お疲れ様でしたm(__)m
いえいえ、毎度のコメント、チミもお疲れ様でした!(爆)
by kabo (2005-08-18 01:13) 

kabo

kimikoさん、こんばんは♪
kimikoさんともこのドラマを通じてお知り合いになれたのが、本当に嬉しいコトでした。そして、ソネットにまで来ていただけて、ワタシの記事の記事まで書いていただけたコト、とても感動してしまいました。ブログをやっていて本当に嬉しかったことの1つです。
そういう意味でも、素敵なドラマに出会えたなって感じています。同じドラマで共感を分かち合える人がこんなにたくさんいらっしゃるって、素晴らしいコトですよね!だからこそ、パリ恋はやっぱりワタシにとっても特別なんだと思いました。
>kaboさんによって『パリの恋人』を10倍楽しむことができました♡♡
そう言って頂けると、本当にブログを始めて良かったって感じます。
嬉しい言葉をありがとうございます。<m(__)m>
by kabo (2005-08-18 01:21) 

kabo

hommiさん、こんばんは♪
ガッテン承知の介ですか?イミダス調べたけど、意味載ってなかったです。(泣)でもガッツ石松は載ってました!(って、関係ない?笑)
>情熱と愛と筆力の賜物
きゃぁ!情熱と愛はありますが、筆力は・・・ちょっと自信ないんですよ~!
でも、未熟者ですが精一杯やらせていただきました!(爆)
hommiさんにはいつも楽しいコメントで盛り上げていただいて嬉しいですヨン様♪
>「パリ恋」ってほんとうにいいものですね。
>それでは、みなさん、さよなら。さよなら。さよなら。
げ!(゚Д゚;) 水野晴夫(シベリア超特急)???(爆)
by kabo (2005-08-18 01:38) 

kabo

sorunaさん、400nice目を踏んでいただいて、ありがとうございます♪
キリ番、何かプレゼントしなきゃですね~♡(笑)
>↑旦那も、もう1回見直したいって言ってるし、一緒に見るかな('-'*)フフ
はぁぁ~、羨ましいです~!ホントに理想の夫婦像ですヨン様!(笑)
ワタシもパリ恋一緒に観てくれるダンナ様探さなくっちゃ!(爆)
by kabo (2005-08-18 01:41) 

kabo

オレンジさん、律儀だね~!(爆)
オヤスミのあいさつに来てくれるなんて・・・。♡
週末待ってるワン!(^_^)v
by kabo (2005-08-18 01:43) 

hommi

キムサムスン・・・私もとても見たいです。が、うちはCATVなので見られません。どこぞのいっつもこんでるケーブル局さんがKNTVと契約するとも思えませんし。だけど、とても・・みたいです。
ということで、私はチャングムの後番組(らしい)「茶母」を楽しみにまってるんです。それから9月に某TBSチャンネルがとうとう「パリ恋」のマネをして「バリでの出来事」を集中放送することが決まったので、それに向けて「TBSチャンネル」と契約したり。
kaboちゃんがとっても分析したくない登場人物ばかりの「バリ・・」ですが、チャレンジ・・してみます???
読者としては強く期待します。(あれMSのインストールコメントみたい。)
by hommi (2005-08-18 10:46) 

朱美

 kaboさん、総括編ありがとうございます。
 私は、「韓国とういとちょっと」言う感覚を持っていましたが、パリ恋を見て、お隣の国なのに自分は何にも知らなかったことに気づき自分自身についても考えさせられた気がしています。たかがドラマなのに本当に不思議です。パク・シニャンの演技が本当にリアリティあるものなので、胸に迫ってきたのだと思えました。そして、今自分の心の中にあるそばにいてくれる人たちに対する感謝の気持ちを素直に口に出さなければいけないということ、kaboさんの言葉で改めて感じています。いい大人の年なのにいまさらこんなことをまだまだ自分の未熟さにちょっと恥ずかしい想いです。自分が落ち込んだときにパリ恋は特効薬としてまた何度でも見返すつもりです。kaboさん分析楽しみにしています。またよろしくね。
by 朱美 (2005-08-18 11:11) 

nadenade

「ルル姫」に旅立つ交通手段が無いとのこと、プロフィールにあった、yahooに交通手段のメールを送りました。大きなお世話かもしれないけど、参考にしてね。
昨日は、ルル姫見るの忘れちゃったよ。
パリ恋何度も見てると台詞がそらで言えちゃったりしてね。私も、せっかく買ったDVDだから、これを見ながら韓国語でも勉強するかなぁ。確か韓国版は、韓国語字幕も出たよね。
by nadenade (2005-08-18 11:37) 

kirakiraキスケ

ご無沙汰しておりました。すっかりお元気になられて、うれしくおもいます。わたくしといえば、息子の夏風邪、(そうkaboちゃんと同じです。)にかかり、治ったと安心し、目の前に迫ってきている娘の短期留学の準備にと、ややお疲れでした。当初、韓国に留学と予定していたのですが、集中講義の日程などがうまくあわず、なくなく変更で、今はカナダのトロントにいます。バイトで頑張って費用を作って行っています。楽しいとのことです。この言葉が聞けて、一安心です。kaboちゃんもアメリカに行っていたのですよね。若いこの時期に広い世界に肌で感じることは、本当にすばらしいことと思います。韓国の短期留学は春休みにしようかとも、言っております。また費用作りのためバイトですがね。
前回・今回の記事もよく解りましたよ、ガッテン!!ですよ。自分にもあてはまるところがあり、「こりゃ!まずいな~!」ですよ。まだ間に合いますよね、軌道修正。エッ!!もうこの歳じゃ、無理ですかね。かすかな希望を持っているのですが、若いころは、その若さと笑顔が武器になっていましたが、中年のお姉さん?になるともう使えませんよ、この武器は。せめて性格だけでも良くしておかないと、存続の危機ですよ、私の場合。必死ですよ!!また、kaboちゃんおしえてくだされ、お頼みもうしあげますぅ。長くなりなした。
by kirakiraキスケ (2005-08-19 08:41) 

kabo

hommiさん、こんにちは♪
>私はチャングムの後番組(らしい)「茶母」を楽しみにまってるんです。
おぉ、「茶母」も評判が高いドラマみたいですよね!ワタシ、最初「ちゃははってなんだろう?お茶摘みの仕事をしてるお母さんの話かな?」とかわけのわからないコトを考えてました!(恥)タイトルで内容を予想するのは難しいですよね!(当たり前ですね)シニャン氏の新作「コンテナの男」も予想がつきません!(爆)
「バリ・・・」は、ちょっとストーリーを小耳に挟んだだけでも難しそうな匂いがプンプンしてます。(笑)良いドラマだとは聞いてるんですけど・・・君子危うきに近寄らず・・・ということで!(誰が君子だ?爆)
ところで、↑のワタシのレス、間違ってたみたいです。
~ってホントに良いモノですね~!はシベリア超特急さんの決め台詞ですが、
>それでは、みなさん、さよなら。さよなら。さよなら。
は、別の方でしたね!すみませんでした~!(笑)
by kabo (2005-08-19 17:14) 

kabo

朱美さん、こんにちは♪
ワタシも、「パリ恋」を観るまでは、韓国ってけっこう怖いイメージがありました。
靖国問題や教科書問題、従軍慰安婦問題、竹島問題などで、ニュースでは反日のデモなどばかり見せられてきましたから・・・。隣同士の国なのに、どうしてかなって思っていたんです。たしかに、それらの問題はいまだに解決されていないし、反日感情を持つ方もいまだに多いのが実情だと思うんですよね。ただ、だからと言ってワタシたちまで反感を持って、全てを否定してしまっていては、いつまでたっても同じアジア人同志が手をつなげない状況が続いてしまう気がします。お互いに、相手の良いところは良いと認め合うコトが必要じゃないかと思うんです。そういう意味で、韓国ドラマを日本でたくさん観れるようになったのは、とても良いコトだと思います。儒教的な価値観や礼儀など、ワタシも教わるコトがたくさんあったように思います。1つのドラマから、ワタシを含め皆さんがたくさんのコトを感じられたコトが、今後の日韓の垣根を少しでも低くできると良いなって思います。良ドラマや映画って、やっぱり国境を超えるんですね~♪ワタシも朱美さんと同じように、パリ恋、まだまだ何度も観返すと思いま~す♡
by kabo (2005-08-19 17:28) 

kabo

おやびん、メールありがとうございました!観かたわかりました♡
でも、すごいですよね~!韓国ではTV放映と一緒にネットでも流しちゃうんですね~!太っ腹だなぁ~!(笑)
パリ恋のセリフ、ワタシは数箇所しか覚えていませんが、友人のA子はそうとう暗記してます!(爆)語学学習にはもってこいですね!でも字は全く読めませんけど・・・。(笑)韓国版DVDハングル字幕もありましたっけ?おやびんはハングル読めるんですよね?(ブログの記事タイトルもハングルだし・・・)すごいなぁ~!!(尊敬♡)
by kabo (2005-08-19 17:35) 

kabo

kirakiraキスケさん、いらっしゃいませ♪
息子さんも夏風邪だったんですね~!お疲れ様でした。<m(__)m>
風邪ひいてる本人も辛いけど、家族も大変ですよね!病人はわがままになるし!(あ、ワタシのコトです!爆)
お嬢さんはトロントに短期留学なんですね。いいなぁ~!ワタシもまたアメリカに行きたいです!英語も話してないとすぐ忘れちゃうんですよね~!
ワタシはいつも、キスケさんってすごく素敵な方だなって思ってます。できればワタシもキスケさんのような、明るくて優しいお母さんになりたいです。(笑)
軌道修正なんて必要ないんじゃないでしょうか?お姉さんにとっても、笑顔っていう武器は有効だと思いますヨン様!(笑)笑顔ほど他人を幸せにできるものはないんじゃないでしょうか。笑顔の素敵なお姉さん、憧れます~♡
by kabo (2005-08-19 17:44) 

ユジナ

kaboさん、パリ恋総括編お疲れ様でした^^。以前何回か書き込みさせて
頂いてました。I民さんのところでも最近お世話になってます(笑)。
パリ恋に出会ってkaboさんの分析記事にたどりつき、時には笑ったり・感心したりで興味深く拝見してました。ただただ感心するばかりで、コメントできずにいましたが、総括ということで出てきました^^;。ガッテン×10ですよ♪
なかでもこの記事の中で関連したことを言うなら、5番の会話ですね。セリフの
ひとつひとつがユーモアがあって洒落てて魅力的でした。ストレートな表現の中にもありふれたセリフがあまりなかったと思います。早く完全版対訳集
を出版してほしいと思う程。スヒョクの独り言も結構好きで中でも、ブラシを見つめながら「俺の愛が怖いのかそれとも嫌なのか・・」ってのが好きです。ってどさくさにまぎれて何を書いてるんだか(笑)
パリ恋は私の中でも永久に不滅な素晴らしいドラマでした。それを何倍にも楽しませてくれたのは、深く掘り下げてくれたkaboさんや、Y実さんのブログがあったからかなあ?と考えるのも大袈裟じゃないです。ジョンウンちゃんもシニャンさんも新しい世界に飛びたってしまいましたが私はまだテヨンとキジュでいて欲しいという気持ちも片隅にあるワガママなファンです・・。だってまだこのドラマの存在も知らないという人がいるなんて許せない!て思う位、まだまだ広まってないし(笑)私もまだまだ観返すつもりですよ^^。赤い闘牛士のシニャンさんも色んな意味で興味ありですが(笑)だらだら長くなってすみません^^;
by ユジナ (2005-08-19 22:41) 

tanaka-ma3

記事に無関係だけど、今日も暑いねぇ。
by tanaka-ma3 (2005-08-20 15:42) 

d+

ばんわ☆
やっとユックリお邪魔することが出来ました!!
総括というだけあって、今までのことをまとめていましたけど・・・毎回関心させられるのですが、物凄く分かり易くて、簡潔な文章を書かれますよね。ムダがないけど、必要なことは全て書かれてる・・・素晴らしいです♪

「パリ恋」のような心理分析がキチンとできる作品って、本当に少ないんでしょうね。kaboさんが仰っていたように、主要な登場人物の感情に変な(意味不明な?)ブレがナイというところは、確かに!!と思いました。

ワタシが前クールにハマった日本のドラマでは、話数が足りなくなってしまい、主人公の心の変化が猛スピードで描かれたので、理解に苦しみました。それに比べ、韓国のドラマは話数が日本の倍近くあるため、丁寧に描けるというのがポイント高いですよね。でも、話数に余裕があるからといって、全ての作品がこのような完成度の高い作品になるとは限らない・・・さすが「パリ恋」!!

しかし、「パリの恋人」おそるべし作品ですな!!何もかもが綿密に計算されていて、それが全てキッチリと当てはまったのが、本当に素晴らしい(^^)
また、こんな素敵な作品に出会いたいものですよね♪
「パリ恋」についての記事、今まで本当にお疲れ様でした(*^^*)
by d+ (2005-08-21 00:55) 

kabo

ユジナさん、コメレス遅くなって申しわけありません。
コメントありがとうございました。I民さんのところでよくお見かけしていました♪
ガッテン×10、そんなにたくさん・・・・ありがとうございます!<m(__)m>
パリ恋の会話は本当に秀逸でしたね!軽妙な掛け合い漫才のような会話や、同じフレーズを何度も繰り返して笑いにつなげる手法など、視聴者を楽しませてくれる会話の仕掛けがたくさんあったし、セリフ自体も心情をすごく上手に表現していて、わかりやすくて最高でした。ワタシのブログは1人で書きたいコトだけを勝手に書いて自己完結してただけで・・・。(汗)Yオンニのお宅は、パリ恋ファンのディープなコミュニケーション基地の日本での頂点だと思います!(笑)ワタシもパリ恋を深く理解するヒントをたくさんいただきました。なので、並べて書かれると恥ずかしいですヨン様!(最近なかなか行けなくて不義理してますが・・・)

ワタシの中でも、シニャン氏はキジュだし、ジョンウンさんはテヨンなんですよね。(笑)だから、他の作品をなかなか観れなかったのかもしれません。でも、コンテナの闘牛士姿は注目度大でした!(爆)パリ恋はやっぱり永遠ですが、お二人の今後のご活躍には期待しています♡
by kabo (2005-08-21 21:00) 

kabo

tanaka-ma3さん、
ホントに暑いですね~!(笑)
by kabo (2005-08-21 21:01) 

kabo

オレンジさん、ばんわ♪
お忙しいのに、丁寧なコメントありまとー♪(笑)
文章はですねぇ~、自信ないんですよ~、ホントは・・・。_| ̄|○
でも、ブログ記事は論文じゃないから、詰めの甘さも論拠の弱さも、断言してしまって誤魔化しちゃってる感じかも。(汗)まぁ、細かいところは見逃していただいて、ワタシはそう感じたのよ~って程度で受け止めていただくとありがたいです。(爆)

ただ、登場人物やストーリーの背景が「パリ恋」ほどしっかりした作品がそう多くないのは事実だと思います。映画や日本のドラマだと、やっぱりストーリーを追うのが精一杯で、よっぽど自分と似たキャラクターの登場人物じゃないかぎり、なかなか全体的な把握は難しいですよね。脚本家が何を伝えようとしているのか、監督が何を撮ろうとしたのか辺りまではわかるかなって感じだと思います。
日本にも良い役者さんもいっぱいいると思うので、20話完結くらいのドラマをもっと観たいですよね!
>「パリ恋」についての記事、今まで本当にお疲れ様でした(*^^*)
オレンジさんも、毎回コメントありがとうございました!<m(__)m>
すっごく励みになりましたヨン様!(爆)
by kabo (2005-08-21 21:19) 

MIE

主役3人のキャラがしっかりと確立されていて、つまり真ん中の軸がしっかりしていて、そして、まわりの人たちとの関係も簡潔でわかりやすかったですね。
ストーリーも、誰もが夢をみられるストーリーだし。
確かに交通事故や出生の秘密は出てくるけど、決してそれは悲劇的な要素じゃない。
同じ1クールでも日本のドラマの約倍はあるわけだから、物語に変化をつけるのはなかなか大変だと思います。
テンポよく進む前半に、辛い展開の後半。確かに20話でちょうどいいですね。
セリフも面白いし・・・好きなセリフは・・・そーねー・・・
「これはカラー写真です」
・・・なぜか、はまった・・・。
by MIE (2005-08-21 23:11) 

kabo

MIEさん、おはようございます♪
そうなんですよね!キャラが鮮明&核がしっかりしていてブレがないっていうのが、このドラマをわかりやすく、また感情移入しやすくした最大の要因だったと思います。明るい前半、辛い後半というバランスも良かったですよね!視聴者は、なんとか最初の頃の明るい流れに戻って欲しいって思いながら観るので、さらにドラマにハマって行きやすいですよね。(笑)
MIEさんの好きなセリフは「これはカラー写真です」なんですか?( ̄□ ̄;)!!
確かに、たどたどしい日本語を話すシニャン氏は「萌えキャラ」でしたね!(爆)
でも、そうくるとは思いませんでした~!さすがMIEさんです♪(笑)
by kabo (2005-08-23 06:44) 

あっちゃん

kaboっちさ〜〜ん)^o^(
ご無沙汰でございます。忙しさにかまけてました・・・こちらではすでに爽やかな秋風がふいておりやんす。

そっか、脚本家二人の作品だったのか・・・ほんっっと「パリ恋」は
それ自体素晴らしい、思い出に残る作品です。
でもって、Kaboさんに出会えたのも「パリ恋」のお陰だし、Kaboさんのこのブログを通しても「パリ恋」をふか〜〜く理解できたし。
今回の「総括」もち、がって〜〜んですが、これからも楽しい分析期待してまっす)^o^(
by あっちゃん (2005-08-30 13:31) 

けい☆彡

『パリ恋』を1本借りて、見ようとしたのだけど・・・
vol.10まであった・・・しかも初めの方はレンタル中・・・
by けい☆彡 (2005-08-30 22:32) 

kabo

あっちゃんさん、こんばんは♪
そうですね~、ホント良いドラマでした♡
皆さんに出会えたのも、このドラマのおかげですよね。
がってんもたくさんもらえて、ハッピーでした♪(笑)
by kabo (2005-08-30 23:13) 

kabo

けい☆彡さん、ご無沙汰♪身体はもう大丈夫ですか?心配したよ~!
レンタル中だったの?やっぱ人気あるのね!(笑)
絶対に損させないから、観てみてね♪
by kabo (2005-08-30 23:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。